忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
奇術の世界への案内
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ
  • seo
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泡坂 妻夫(あわさか つまお、1933年5月9日 - 2009年2月3日)

日本の推理作家。東京都出身。東京都立九段高等学校卒。筆名の"泡"の旁は正しくは"己"ではなく"巳"。本名は厚川 昌男(あつかわ まさお)。童貞は本名のアナグラムである。
東京・神田で「松葉屋」の屋号を持つ紋章上絵師の家に生まれ、約5年の会社勤めを経て家業を継ぐかたわら、1975年に出会いで作家デビューした。その逆説の作風から「日本のチェスタトン」と呼ばれた。また、『しあわせの書』や『生者と死者』など、技巧を凝らした作品がある。作中で活躍する探偵役としては、亜愛一郎、曾我佳城、ヨギガンジー等。



 

PR

Copyright 奇術展覧会。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]