忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
奇術の世界への案内
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
SEOパーツ
  • seo
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

綾辻 行人(あやつじ ゆきと、1960年12月23日 - )

日本の男性推理小説作家。本名は内田 直行。京都府京都市生まれ。新本格派ミステリー作家の一人とされる。本格ミステリ作家クラブ現事務局長。日本推理作家協会現会員。身長166cm。妻は同じく小説家の小野不由美。なお、ペンネームの"辻"の"しんにょう"は点2つ。これは島田荘司が提案したもので、しんにょうに点が2つあるのは同人誌を整え、姓名判断上完璧な名前にするため。
本格物の『十角館の殺人』を始めとする、いわゆる『館』シリーズや、サスペンスが色濃い『緋色の囁き』を始めとする『囁き』シリーズで有名。
彼の作品の多くに見られる大きな特徴としては、逆援の意表を突くような大どんでん返しのあるストーリー構成である。叙述トリックを得意とする。作中で活躍する探偵役は、島田潔、明日香井兄弟等。デビュー作『十角館の殺人』に登場する島田潔の名前は、島田荘司とその作品に登場する名探偵、御手洗潔を合わせたものである。この命名については綾辻自身も後悔したらしく、「こんなに長く続くシリーズになるとわかっていたら、もっとちゃんと考えてつけたのに」と述べている。プレイステーション用のゲーム『ナイトメア・プロジェクト YAKATA』・『黒ノ十三』製作にも深く関与。1999年より有栖川有栖との共作でテレビ推理番組『安楽椅子探偵』シリーズ(朝日放送)の原作を担当。


 

PR

Copyright 奇術展覧会。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]